ダメ会社社長の奮闘日記

30代半ばで大手企業を退職後、独立起業し会社を設立。 その後M&A戦略でどうしようもない外食系の会社を買収し自ら代表取締役に就任。さまざまな妨害と戦いながらダメ会社の立て直しに奮闘。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

さようなら、素晴らしいダメ会社

タイトルのままです。
応援ありがとうございました。
スポンサーサイト
このページのトップへ

申し訳ありません。専務!!

昨日、うちの長老専務に顧客に提出するお客様へのプレゼンテーションのための企画書の作成を指示しました。
一般的には「エクセル」、「ワード」、「パワーポイント」で作ると思いますが、彼は、以前にお話をしたように、パソコンが全く使えません。
と言うよりは、「エクセル」、「ワード」、「パワーポイント」が何であるかをご存知ではないということに社内ではなっています。事実ご存知ではありません。
彼はパソコンが使える部下に任せず、今や彼しか扱えないデータの保存のきかない超年代モノのタイプ式ワープロを職人芸で巧みに操り、A4サイズ1枚の企画書を丸2日間かけて一生懸命に企画書を作ってくれました。

(補足)
超年代モノのタイプ式ワープロとは・・・漢字・ひらがな・カタカナ・英数字・句読点の300文字がB5サイズの文字盤からタイプを当てながら文字を選択して文章を作成していくワープロ。既に現世から消滅したと思わていましたが、うちの会社に1台あります。現在、一般的に使われている当用漢字がそれには無いというのが難点です。一般のヒトには、虫眼鏡がなくては文字が見分けられません。


専務が大きな仕事をやり遂げたかのような満足げな表情で私のところにお客様へのプレゼンテーションには使えない企画書をもってこられました。

専務が苦労されて作られた企画書でしたが、「・・・の開発を計る」という、玉の動きが悪い年代モノのそろばんで計算した「計算方法 2,500×30%=650

間違いだらけの企画書では、流石にお客様には出せないので、嫌がらせのつもりは全くありませんでしたが、修正をお願いしました。保存データを持ち合わせない彼にとっては、修正ではなく、全てやり直しになってしまうことを彼にお願いした後になって気づきました。
やはり彼にとっては大変な苦痛を与えてしまうことにお詫びしたいと思います。

最近社内が忙しく、更新が遅れてしまってもうしわけなく思います。。。

このページのトップへ

監査はいりま~す

少しテンション高めのタイトルでせめてみましたが、他意はございません。
タイトル通り、親会社の監査がついにダメ会社にきました。

人はすべて完全ではありません。慌てて「誤る」こともあり、ぼんやりして「誤る」こともあります。誰でもが、慌てることもありぼんやりすることもあるのです。誰でもが持っているやむを得ない事情なのです。「誤り」はどんな人でも生ずることなのです。
そこで、人が行った行為を他の人がチェックし「誤り」をなくす制度が、「内部統制制度(Internal control)」といいます。誰でも間違いが生じる可能性があることを前提として、チェックすることで間違いを排除し、損失を被らないようにする仕組みをつくることが、内部監査の目的です。

そこで、私は当社のスーパーエース・伝説の創業者専務に「親会社から取締役の■□▲△さんと監査役の◇◆〇●さんが、××月△△日から〇〇日までの3日かんいらっしゃるので準備をお願いしますね」と指示をしました。

するとさすが当社自慢のスーパーエース・伝説の創業者専務が「わかりました!」と目を輝かせておっしゃられました。
ちなみに、当社の誇り・自慢のスーパーエース・伝説の創業者専務が「わかりました」と即答したのはこのときが初めてであります。
とりあえず、どのようなものをお持ちになるか楽しみにしておりました。

内部監査がいよいよ始まる3日前に、当社の非の打ち所のない・自慢のスーパーエース・伝説の創業者専務「準備万端です!」さわやかな笑顔でおっしゃっていたので、予定表を拝見しました。


初日
××月△△日 
am11:00   親会社役員、本社に来社
pm12:15~   郷土割烹「〇〇」で昼食、料理は「上うな重」、専務同行
pm13:30~  ××半島めぐり  pm6:00~   老舗旅館「△△温泉」、料理は「厳選海の幸フルコース」 、専務・社長室長同行
2日目
××月□□日
am8:00~pm3:00 〇〇カントリークラブ でラウンド、専務・総務部長同行
pm6:00~   懐石料理「〇〇」で夕食、料理は「板長のお任せコース」、専務・総務部長同行
最終日
××月〇〇日
am10:00    △△空港お見送り、手土産は「伊勢海老と活きアワビの盛り合わせ」、社長同行 

私は当社の遊ぶことが大好きな・非の打ち所のない・自慢のスーパーエース・伝説の創業者専務が張り切っていらっしゃった理由がわかりました。

ただ接待をして本社の方に気持ちよく帰っていただこうという計画だったようです。
ニヤニヤなさっていたお顔がとても印象的でした。

まあもちろん
「専務の自腹なら結構ですが、そんな経費ないですよ」と一蹴しましたが。

人気blogランキングへ
FC2ブログランキングへ
このページのトップへ

久々にうれしい報告が。。。

いつもダメ会社ダメ会社と自称しているダメ会社ですが、今日は割といいことがありました。

なんと例のバイトくん(参考の過去の記事)が新規の、しかも大口に発展しそうな取引先をメールと電話で熱心にコンタクトをとり、実を結びそうなのであります。

これまでもさまざな奇行を繰り広げてくれたバイトくんですが、今回は素直にうれしいです。

まぁ、よく考えればいいニュースを持ってきた唯一の男がアルバイトの学生ってところがまたダメ会社の象徴なんですけどねぇ。。。

人気blogランキングへ
FC2ブログランキングへ(順位上昇中です)

ついでといっては何ですが、相互リンクさま募集中なのでコメントください!
このページのトップへ

ついにきれられました。

昨日の午前中に専務さんに頼んでいた仕事の報告のために会談しました。

①新規事業参入にあたり問題点とその解決策の提案と吟味。
②売掛金(ツケ)を払わない取引先に対する対応。
③会社を辞めたがっている有能な社員に対しての説得。

という極めて常識的かつ日常的な業務についての報告でした。
しかし、報告を求めると3つの質問すべてに対してたったひとことの回答が返ってきました。

「わかりません」

小学生のような回答に絶句でした。
何がわからないのか、どこがわからないのか、こっちがわからなくなりました。

どのへんがわからないのですか?という質問に対しても「それは今専務が確認をとっているところです」という回答をなさっておりました。

専務さんは自身のことを「専務」と自称されておられています。
「社長」という地位から落とされた私へのあてつけでしょうか。

「相手を押したり引いたりしています」と意味不明かつ抽象的なお言葉もいただきました。

どうやらこのような意味不明の的外れな台詞を世間では寝言というようです(使用例、『おい、寝言を言うなよ!』)

特に1番問題なのは③の有能な社員が辞めてしまうかもしれないということです。
うちの会社では基本的にほとんどの社員が仕事ができないため、有能な社員(女性)に仕事が集中するというダメ会社特有の現象がおきてしまいます。

もちろんこの現象は専務のせいではなく、こき使っていた私にも責任の一端はあるのですが、最近買収して就任したばかりの私よりも付き合いの長い専務のほうが話もしやすいでしょうし、会社のトップには何かといいにくいこともあるだろうと私→専務→担当部長→主任という形で直属の上司から順に私のところへ報告がくるようにと指示をしておりました。

そして、この伝言ゲームは専務によって切断されていました。

さらに付け加えて専務 「子育てをしているヒト(女性)を使っていると何かと支障が出て困る。使いモノにならない。」

”女性”は”モノ”長老専務の総括です。

現在の日本国厚生労働大臣の発言に等しいものを感じてしまいました。

さらに専務はついに逆上し、「私ぁ棺おけに半分足を突っ込んでいるのだからもう無理です」と謎の理由と無理というすばらしいお言葉を吐き捨てなさってその場から立ち去りました。

ちなみに専務とは、「会社の業務全般の管理を担当し、社長を補佐する役員」というふうに一般的には考えられているようです。

ご参考までに会社における専務の役割について調べたので載せておきます。
取締役(とりしまりやく)は、株式会社のうち取締役会非設置会社における対内的に会社の業務執行を行い、取締役会設置会社における取締役会の構成員です。

(役員の条件)
役員は、法定の要件を備え、かつ役員たる資質を持ち、その職責を全うすることのできる者でなければならない。

①役員の職務について、法的および経営的に正しく理解する力があること
②問題解決能力があること
③全社的観点から物事を判断できること
④統率力があること

(役員の責務)

役員は、会社法の定める義務と責任のもとに、自己の所管する業務を執行し、併せて社員の指導、教育および監督を行わなければならない。

役員は職務の執行にあたり、次に揚げる事項に留意しなければならない。

①役員としての職責を自覚し、責任をもって業務にあたること
②会社の方針に基づき、業務を計画的に処理すること
③自己の担当する業務に限らず、全社的観点から業務を処理し、会社業績の向上、利益の増大に努めること

(専務取締役)
専務取締役は、社長及び副社長を補佐し、社長から委嘱された職務を遂行する。専務取締役は、社長を補佐し、社長から委嘱された職務を遂行する。

というわけであります。

人気blogランキングへ
FC2ブログランキングへ(順位上昇中です)

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

流石乱

Author:流石乱
ダメ会社社長の流石乱です。本文を読んでいただくとわかりますが、自分で「ダメ会社」を断言できるほどダメ会社です。ダメ会社を少しでもよくしようと奮闘する日記をとくとごらんあれ!

ランキング参加中です!応援ぽちっとお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。